自然薯(山芋)の保存方法−自然薯屋

自然薯(山芋)の保存方法

自然薯(山芋)の保存方法

自然薯は、入手したらなるべく早めに食べるのが基本だと思いますが,大きなものだと余る事もあると思います。なので、なるべく痛まないように保存しましょう。

 

自然薯の食べ方でも紹介しましたが,自然薯は切らずに,包丁で少し切れ目を付けて折って下さい。そして、できたら小口が乾くまで待って,ラップでしっかり包んで冷蔵庫で保存して下さい。

 

こうすれば数日はもつと思いますが,気温が低ければ新聞紙などにくるんで日の当たらない所に保管しても,2〜3日位はもつでしょう。但し十分に注意して下さいね。

商品情報

自然薯 自然薯 種芋


自然薯の販売は11月頃から在庫が無くなるまでとなります。ぜひあなたや大切な方の健康の為にお召し上がり下さい。贈り物にも最適です。

自然薯の販売 詳細ページへ


自然薯の種芋は12月頃から在庫が無くなるまで販売します。自然薯の種芋は、だいたいどこの販売店でもすぐに無くなってしまいますので、ご注文はお早めに。

自然薯種芋の販売 詳細ページへ

ムカゴ アピオス


ムカゴは11月頃から在庫が無くなるまで販売します。むかごご飯にしたり、塩炒りにして酒のつまみに最高です。種用にもご利用下さい。

ムカゴの販売 詳細ページへ


食用アピオスと種芋を12月から在庫が無くなるまで販売しています。大変栄養価の高くて美味しくて、栽培も比較的容易で人気です。

アピオスの販売 詳細ページへ

自然薯(山芋)の保存方法関連ページ

とろろ汁の作り方
とろろ汁の作り方についてのご紹介ページです。

ホーム RSS購読 サイトマップ